「スマートシティ」どう実現? 富山市 自治会関係者らと議論 – 中日新聞

「スマートシティ」どう実現? 富山市 自治会関係者らと議論 – 中日新聞

市はデジタル技術の活用などにより利便性の向上を図るスマートシティの実現に向けた指針の策定を進めている。ワークショップは市内各地域で開催し、市が自治会の …

「スマートシティ」どう実現? 富山市 自治会関係者らと議論:北陸中日新聞Web
富山市が推進する「スマートシティ」の実現に向け、市の将来像を探るワークショップが十六日、富山市新富町のCiCビルであった。 市はデジタ...

コロナ終息に願い 前橋・中島自治会 – 47NEWS

前橋市富士見町時沢の中島自治会文化部主催の「どんど焼き」が16日、同町の田んぼで開かれ、集まった住民らが一年間の無病息災を願った=写真。

コロナ終息に願い 前橋・中島自治会 
 前橋市富士見町時沢の中島自治会文化部主催の「どんど焼き」が16日、同町の田んぼで開かれ、集まった住民らが一年間の無病息災を願った=写真。  昨年から竹や枝などの材料を集めて組んだ大きなやぐらに地元 ...

【自治会単位での募金】【募金依頼にも整合性あるべき】【自治会会員による善意に感謝】千葉県 …

千葉県共同募金会は年に2回赤い羽根共同募金と歳末たすけあい募金を募っております. この募金の成田市支会長として小泉市長名にて各自治会へのお願い文面が …

【自治会単位での募金】【募金依頼にも整合性あるべき】【自治会会員による善意に感謝】千葉県共同募... - 鳥海直樹(トリウミナオキ) | 選挙ドットコム
【自治会単位での募金】 【募金依頼にも整合性あるべき】 【自治会会員による善意に感

玉入れや射的、親子で夢中 大久保南自治会が交流イベント – 神戸新聞NEXT | 明石

兵庫県明石市大久保町わかばの公園で16日、大久保南自治会による住民交流イベントがあった。玉入れや射的などの遊びのほか、バザーのブースが並び、 …

玉入れや射的、親子で夢中 大久保南自治会が交流イベント
 兵庫県明石市大久保町わかばの公園で16日、大久保南自治会による住民交流イベントがあった。玉入れや射的などの遊びのほか、バザーのブースが並び、親子連れら約180人が楽しんだ。

高齢者に寄り添う「見守り隊」 亀山の下庄町自治会が活動報告 三重 – 伊勢新聞

【亀山】三重県亀山市下庄町自治会(田名瀬廣会長)の組織「高齢者見守り隊」(田名瀬寛之隊長)は15日、同市下庄町の下庄集会所で、令和3年度第3回会議を …

高齢者に寄り添う「見守り隊」 亀山の下庄町自治会が活動報告 三重 - 伊勢新聞
【亀山】三重県亀山市下庄町自治会(田名瀬廣会長)の組織「高齢者見守り隊」(田名瀬寛之隊長)は15日、同市下庄町の下庄集会所で、令和3年度第3回会議を開き、田名瀬

笠間市刺され女性死亡…争うような声と悲鳴 – 日本海テレビ

男は逃走をしていて午後5時ごろの小学生の下校時間には、自治会の方々がパトロールをするなどしていました。 近所の方々は、早く捕まってほしいと不安な …

404 Not Found

餅、するめ焼く | 山陰中央新報デジタル

【出雲】出雲市斐川町直江の中筋小原自治会(43戸)で16日、正月の伝統行事「とんどさん」があった。今年は自治会以外の地元住民からもしめ縄などを集め …

餅、するめ焼く | 山陰中央新報デジタル
【出雲】出雲市斐川町直江の中筋小原自治会(43戸)で16日、正月の伝統行事「とんどさん」があった。今年は自治会以外の地元住民からもしめ縄などを集めて実施。地域で連携して伝統行事を守っていく。  同自…

みんなの広場:地域と関わり自分磨きを=無職・松本静延・77 | 毎日新聞

仕事を辞めた当初は、地域の人たちと全くつながりがなくて、戸惑いや不安にさいなまれる日々を送っていました。そんな中で偶然、連合自治会の会長に声をかけ …

みんなの広場:地域と関わり自分磨きを=無職・松本静延・77 | 毎日新聞
 (大阪府)  会社を退職して15年がたちました。退職後に始めた地域でのボランティア活動を続けてきて今では本当によかったと思っています。  仕事を辞めた当初は、地域の人たちと全くつながりがなくて、戸惑いや不安にさいなまれる日々を送っていました。そんな中で偶然、連合自治会の会長に声をかけられ、「子ども

希薄なコミュニティー、役員は70代 骨抜き自主防災組織 | 毎日新聞

… 東灘区のある防コミ役員の男性(74)によると、マンション住民の半数は自治会に未加入。 … 有井中町内会では被災前の16年に自主防災組織を設立した。

検証:希薄なコミュニティー、役員は70代 骨抜き自主防災組織 | 毎日新聞
 団体数は増えているのに、活動率は衰える――。自主防災組織について、いびつな実態が明らかになった。国が旗を振って数を増やす一方、その後のフォローがおろそかになり、高齢化の進展とともに組織が形骸化した側面もある。問題を解決する処方箋はあるのだろうか。

27年ぶりにどんど焼き復活 感染収束、五穀豊穣願う 栃木の寺尾地区 – 下野新聞

同地区では長年、青年会や自治会などによってどんど焼きが行われていたが、全国的にダイオキシン類発生などの環境汚染が懸念される中、1995年を最後に …

27年ぶりにどんど焼き復活 感染収束、五穀豊穣願う 栃木の寺尾地区|地域の話題,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)
【栃木】寺尾地区の住民らでつくる団体「アクティブフューチャー寺尾」は16日、梅沢町内の田んぼで地区として27年ぶりのどんど焼きを行った。新型コロナウイルス感染の収束や五穀豊穣(ほうじょう)などの思いを込め、地区の恒例行事として復活させたいと約1年前から計画してきた。石川賀一(いしかわよしかず)会長(53)は「たくさんの...
タイトルとURLをコピーしました