【苦しい状況でも未来に繋げるために】飲食企業様向けのマネジメント研修を助成 金が活用できる …

【苦しい状況でも未来に繋げるために】飲食企業様向けのマネジメント研修を助成金が活用できる …

※この研修は雇用調整助成金の対象となります。詳細はお問合せください。 株式会社Growth design(グロースデザイン)概要. ・会社名:株式 …

【苦しい状況でも未来に繋げるために】飲食企業様向けのマネジメント研修を助成金が活用できるオープン講座で開催!
株式会社Growth designのプレスリリース(2021年6月11日 16時21分) 苦しい状況でも未来に繋げるために 飲食企業様向けのマネジメント研修を助成金が活用できるオープン講座で開催!

【地域密着型】企業の営業活動をサポート!SANGO株式会社が、日本マーケティングリサーチ機構 …

SANGOは、 14年以上右肩上がりの成長を続けてきた、新規開拓営業専門会社です。 また、最新IT商材・助成金・削減商材・美容健康商材を取り扱う「 …

【地域密着型】企業の営業活動をサポート!SANGO株式会社が、日本マーケティングリサーチ機構の調査で2冠を獲得しました!
株式会社日本マーケティングリサーチ機構のプレスリリース(2021年6月11日 10時00分) 地域密着型 企業の営業活動をサポート!SANGO株式会社が、日本マーケティングリサーチ機構の調査で2冠を獲得しました!

【特集】No.1 Research Memo(5):クラウドサービス注力で中小企業のDX化推進、ストック …

具体的には、雇用契約書作成などで雇用環境を整備する「人事労務サポート」、小規模事業者持続化補助金などの「補助金・助成金申請サポート」、 …

No.1 Research Memo(5):クラウドサービス注力で中小企業のDX化推進、ストック売上も成長へ | 特集 - 株探ニュース
■中長期の成長戦略No.1<3562>は中期経営計画の中で以下の5つの指針を掲げている。1) アレクソンとのシナジー効果発揮対象企業はアレクソン2) ソリューション営業の深化(ストック収益の拡大)対象・・・。

アンジェス Research Memo(8):2021年12月期第1四半期は営業損失が拡大

また、Emendoを子会社化したことに伴い、人件費が103百万円増加した。なお、新型コロナウイルス感染症ワクチンの開発費用については助成金で賄 …

アンジェス Research Memo(8):2021年12月期第1四半期は営業損失が拡大 投稿日時: 2021/06/11 15:08[フィスコ] - みんかぶ(旧みんなの株式)
最新投稿日時:2021/06/11 15:08 - 「アンジェス Research Memo(8):2021年12月期第1四半期は営業損失が拡大」(フィスコ)

【特集】アンジェス Research Memo(4):新型コロナウイルス治療薬「AV-001」は北米 …

… 政府より助成金を受けたことを発表しており、新型コロナウイルス感染症治療薬として開発期待の高いことが伺え、今後の開発動向が注目される。

アンジェス Research Memo(4):新型コロナウイルス治療薬「AV-001」は北米・カナダで臨床試験の準備 | 特集 - 株探ニュース
■アンジェス<4563>の新型コロナウイルス感染症ワクチン及び治療薬の開発状況2. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療薬「AV-001」の開発状況カナダのVasomuneと共同開発を進めている「AV-001」(Tie2受容体アゴニスト化合物)※は・・・。

【特集】ヒガシ21 Research Memo(1):高付加価値サービスや首都圏ビジネスを拡大する物流 …

なお、助成金収入の剥落により経常利益は微増、特別損失の剥落により親会社株主に帰属する当期純利益は大幅増益を予想している。 3. 中長期成長戦略 …

ヒガシ21 Research Memo(1):高付加価値サービスや首都圏ビジネスを拡大する物流企業 | 特集 - 株探ニュース
■要約ヒガシトゥエンティワン<9029>は関西を地盤としつつ、首都圏での事業を拡大中の物流企業である。個々の顧客ニーズに対応した物流設計力が強みで、主要株主を中心とする幅広い分野の大手優良顧客層を安定収益基盤として、高付加価値サービスや首都圏ビジネスの更なる拡大により中長期成長を目指している・・・。

【特集】アンジェス Research Memo(3):新型コロナウイルスワクチンは第2/3相臨床試験結果 …

なお、現在のワクチンの開発や量産体制構築に向けた費用については、国の助成金等で賄われている。具体的には、AMEDが公募した「新型コロナ …

アンジェス Research Memo(3):新型コロナウイルスワクチンは第2/3相臨床試験結果を見て開発方針を決定 | 特集 - 株探ニュース
■新型コロナウイルス感染症ワクチン及び治療薬の開発状況1. 新型コロナウイルス感染症ワクチンの開発状況新型コロナウイルス感染症ワクチンについては2020年12月以降、欧米などで米ファイザー<PFE>やモデルナ〈MRNA>、イギリスのアストラゼネカ<AZN>など大手製薬企業の開発した製品の承認が相次ぎ、集団接種が開始され...
タイトルとURLをコピーしました