「誰ひとり取り残さない社会」を掲げる大阪府による行政×NPOの連携事業が5月12日 より始動

「誰ひとり取り残さない社会」を掲げる大阪府による行政×NPOの連携事業が5月12日より始動

NPO法人 Silent Voiceは、支援環境がないろう児・難聴児の新しい教育環境を作るプロジェクトを大阪府下全域で、2021年5月12日から実施します。

「誰ひとり取り残さない社会」を掲げる大阪府による行政×NPOの連携事業が5月12日より始動 
NPO法人Silent Voiceのプレスリリース(2021年5月12日 12時00分)を掲げる大阪府による行政×NPOの連携事業が5月12日より始動 

「誰ひとり取り残さない社会」を掲げる大阪府による行政×NPOの連携事業が5月12日より始動

[NPO法人Silent Voice]. 出張教室とオンライン支援でコロナ禍のろう児・難聴児が安心してコミュニケーションできる支援環境を無償提供

「誰ひとり取り残さない社会」を掲げる大阪府による行政×NPOの連携事業が5月12日より始動 :時事ドットコム
[NPO法人Silent Voice]出張教室とオンライン支援でコロナ禍のろう児・難聴児が安心してコミュニケーションできる支援環境を無償提供ろう・難聴児の教育事業を展開するNPO法人 Silent Voice(本社:大阪府大阪市/代表理事 尾中友哉 以下サイレントボイス)は、大阪府、村上財団と共同推進する「NPO等活動...

「財源全部なくなる」 震災10年、復興NPOに危機感

東日本大震災の被災地では、住民やボランティアが立ち上げたNPOなどの団体がいまも活動を続けている。震災から10年をへて復興財源が減り、財政 …

「財源全部なくなる」 震災10年、復興NPOに危機感:朝日新聞デジタル
 東日本大震災の被災地では、住民やボランティアが立ち上げたNPOなどの団体がいまも活動を続けている。震災から10年をへて復興財源が減り、財政難が懸念される中、活動の幅や地域を広げ、公的資金頼みの運営か…

震災後NPO増 継続性には課題

関係人口は地域活性化の新たな担い手として期待されている。ブランド総合研究所(東京・港)が実施した都道府県別の「関係人口の意識調査2021」 …

震災後NPO増 継続性には課題
関係人口は地域活性化の新たな担い手として期待されている。ブランド総合研究所(東京・港)が実施した都道府県別の「関係人口の意識調査2021」によると、「応援したい」と答えるなどした関係人口は福島県が推定1229万人と最も多く、県民の7倍近くに上った。福島出身以外の割合が9割超を占めた。東北経済産業局は関係人口に着目し、仕...

福祉車両購入へCFで資金募る 札幌のNPO

有償移送サービスなどを行っている札幌のNPO法人「札幌微助人(ビスケット)倶楽部」(児玉芳明会長)が、車いす対応の福祉車両購入を …

福祉車両購入へCFで資金募る 札幌のNPO 
 有償移送サービスなどを行っている札幌のNPO法人「札幌微助人(ビスケット)倶楽部」(児玉芳明会長)が、車いす対応の福祉車両購入を目指し、クラウドファンディング(CF)で資金を募っ ...

姫路 食料品を届けるフードバンクが活動強化へ 市と協力協定

NPOによりますと、コロナ禍で昨年度は前の年度の3倍にあたる、およそ31トンの食料品を無料で市内の家庭などに届けたということです。 最近は …

エラー - NHK

暴力から子ども守る NPO法人、大人向け公開講座 20日、水戸

認定NPO法人水戸こどもの劇場CAPいばらきは20日午前10時〜正午まで、水戸市赤塚の市福祉ボランティア会館(ミオス)で、公開講座「CAPおとな …

【茨城新聞】暴力から子ども守る NPO法人、大人向け公開講座 20日、水戸

未来志向、新たな一歩 水戸で総会 茨城県日中友好協、NPOに

… 両国の友好活動を続けてきた同協会を特定非営利活動法人(NPO法人)とする設立総会を開いた。NPO法人としての新たな一歩に、川津会長は「わ…

【茨城新聞】未来志向、新たな一歩 水戸で総会 茨城県日中友好協、NPOに

新型コロナ ふじみ野のNPO、外国人支援 「自立の基本は日本語」 ボランティアが個別指導 /埼玉

新型コロナウイルス感染拡大の影響が日本で生活する外国人に重くのしかかる中、ふじみ野市のNPO法人「ふじみの国際交流センター」では、 …

新型コロナ ふじみ野のNPO、外国人支援 「自立の基本は日本語」 ボランティアが個別指導 /埼玉 | 毎日新聞
 新型コロナウイルス感染拡大の影響が日本で生活する外国人に重くのしかかる中、ふじみ野市のNPO法人「ふじみの国際交流センター」では、ネパールやフィリピン、ベトナムなどから訪れた外国人にボランティアが日本語を指導している。ボランティアらは「自立の基本は日本語。わかるようになると解決できることが多い」と

DVから虐待発見、1割 水戸のNPO「一体的な環境整備を」

ドメスティックバイオレンス(DV)の被害者を支援するNPO法人「ウィメンズネット『らいず』」(水戸市)が、茨城県内の全市町村を対象 …

DVから虐待発見、1割 水戸のNPO「一体的な環境整備を」 | 毎日新聞
 ドメスティックバイオレンス(DV)の被害者を支援するNPO法人「ウィメンズネット『らいず』」(水戸市)が、茨城県内の全市町村を対象に、DVと児童虐待に関する支援体制を尋ねた調査報告書をまとめた。配偶者間暴力の相談から児童虐待の発見にまでつなげたケースがあると回答した自治体は全体の約1割にとどまり、
タイトルとURLをコピーしました