中央区自治会及び南区自治会 12月21日まで休館のお知らせ – 嘉手納町

中央区自治会及び南区自治会 12月21日まで休館のお知らせ – 嘉手納町

見出しの件につきまして、中央区自治会(中央区コミュニティーセンター)及び南区自治会(南区コミュニティーセンター)は12月21日(火)まで休館となっ …

指定されたページは見つかりませんでした | 沖縄県嘉手納町(かでな町)

金沢のCPU、町内会アプリで学童保育の入退室管理 – 日本経済新聞

ソフト開発のシーピーユー(CPU、金沢市)は町内会向けの地域活動支援アプリ「結ネット」に学童保育の入退室管理ができる機能を追加した。

金沢のCPU、町内会アプリで学童保育の入退室管理
ソフト開発のシーピーユー(CPU、金沢市)は町内会向けの地域活動支援アプリ「結ネット」に学童保育の入退室管理ができる機能を追加した。スタッフがタブレット端末で入室と退室のボタンを押すとその時刻を記録する。保護者はスマートフォンで情報を得られる。スタッフの負担軽減と利用者の安全・安心につながる。結ネットを導入済みの米泉小...

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金について – 嘉手納町

嘉手納町総合福祉センターにおける新型コロナウイルス感染症発生に伴う臨時休館について(12/20) · 中央区自治会及び南区自治会 12月21日まで休館の …

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金について
 令和3年11月19日に閣議決定された「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」において、「子育て世帯については、児童を養育している者の年収が960万以上(*1)の世帯を除き、0歳から18歳以下までの子どもたちに1人当たり10万円相当の給付...

冬の空に花火 岐阜・西郷自治会連、無病息災願い – 47NEWS

岐阜市西郷自治会連合会は十八日夜、厄よけや無病息災を祈願した花火を地元で打ち上げた。コロナ禍で数々のイベントが中止となる中、以前の生活に早く戻れる …

冬の空に花火 岐阜・西郷自治会連、無病息災願い 
 岐阜市西郷自治会連合会は十八日夜、厄よけや無病息災を祈願した花火を地元で打ち上げた。コロナ禍で数々のイベントが中止となる中、以前の生活に早く戻れるよう思いを込めた。...

住民つなぐ町の歌 – 47NEWS

下関市長府の松小田西町自治会は、これからも住民が明るく元気に暮らせるように願いを込め、町の歌を作った。町内の女子児童や母親が女声合唱の練習をして …

住民つなぐ町の歌 
 下関市長府の松小田西町自治会は、これからも住民が明るく元気に暮らせるように願いを込め、町の歌を作った。町内の女子児童や母親が女声合唱の練習をしており、来年の桜の季節に公園で披露したり、CDにして各世 ...

王寺町と香芝市がごみ処理施設の地元対策費をめぐって対立しているね – 朝日新聞デジタル

は 道路整備や地元対策はどんなものなの? A 香芝市は新施設整備に伴って、市内の4自治会と2014~16年に市道の新設や地域 …

王寺町と香芝市がごみ処理施設の地元対策費をめぐって対立しているね:朝日新聞デジタル
 はなくいどり 奈良県香芝市と王寺町が共同運営するごみ処理施設の地元対策費をめぐって対立しているね。 A 香芝、王寺の両市町は、家庭ごみなどの一般廃棄物を1982年から香芝市にある美濃園という施設で共…

市民の声、政策に反映へ 高松市議が意見交換会 – 47NEWS

高松市議と市民との意見交換会が市役所であった。自治会の加入促進やプラスチックごみの削減などをテーマに議論を行い、市議たちは幅広い世代の生の声に耳を …

47NEWS(よんななニュース)
全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地方創生・写真・動画。地域の文化や活力を発信。野球、サッカー、ゴルフなどスポーツも地域密着から五輪まで。新商品・技術、観光、B級グルメ、映画、音楽、新刊、心和む記事コーナーなど

腸内細菌の働きは様々 多様性を保つことが大切 – 朝日新聞デジタル

日本酸化ストレス学会理事長、日本消化器免疫学会理事、日本抗加齢医学会 … みんなの居場所をつくろう 団地自治会の声から生まれたカフェに多世代が集う.

腸内細菌の働きは様々 多様性を保つことが大切
新型コロナの流行が長期化するなか、健康管理の一環として腸内環境を整える「腸活」への関心が高まっています。朝日新聞Reライフプロジェクトは、腸内細菌とアンチエイジング(抗加齢)に詳しい京都府立医科大学の内藤裕二教授(生体免疫栄養学)を講師に招き、腸活オンラインセミナー「大腸ケアで免疫力アップ、心と体を若返らせる」を開きま...

病院や家どれを選ぶかは人それぞれ 病院以外の選択肢もあることは知ってほしい – 朝日新聞デジタル

在宅医療専門医・家庭医療専門医・緩和医療認定医・医療法人社団澄乃会理事 … みんなの居場所をつくろう 団地自治会の声から生まれたカフェに多世代が集う.

病院や家どれを選ぶかは人それぞれ 病院以外の選択肢もあることは知ってほしい
 在宅医療専門医の中村明澄(あすみ)さんの著書「『在宅死』という選択」(大和書房)の抜粋を紹介しながら、自分らしい逝き方を考える連載の最後に、あらためて中村さんにお話をうかがいました。病院か家か、どちらの方がいいということではないと強調しながら、「家で最期を迎える選択肢があることは知ってほしい」と話しています。

【朝刊先読み!】正月に欠かせない「しめ縄」 継承がピンチ!? | 山陰中央新報デジタル

かつては自治会の8組が持ち回りで製作を担ってきたが、2020年から市シルバー人材センターに頼むようになった。作り方を細かく口出しする長老格の住民が …

【朝刊先読み!】正月に欠かせない「しめ縄」 継承がピンチ!? | 山陰中央新報デジタル
地域の神社に飾るしめ縄作りの継承が難しくなってきた。神社によって編み方や長さ、形が異なり、氏子が製作を担うが、そもそも自宅用に作る習慣が廃れ、しめ縄の作り方を知る人が少なくなった上、稲作の機械化で材料…
タイトルとURLをコピーしました