浜松市区再編 東区自治会は内定案を了承 /静岡 | 毎日新聞

浜松市区再編 東区自治会は内定案を了承 /静岡 | 毎日新聞

浜松市と市議会が2021年12月に内定した行政区を7区から3区に再編する内定案について、東区自治会連合会を対象にした住民説明会が1月25日、長上協働 …

浜松市区再編 東区自治会は内定案を了承 /静岡 | 毎日新聞
 浜松市と市議会が2021年12月に内定した行政区を7区から3区に再編する内定案について、東区自治会連合会を対象にした住民説明会が1月25日、長上協働センター(東区市野町)であった。東区自治会連合会は内定案を了承した。

不法投棄の車を確認 林道沿いに6台 宇都宮・清原地区 – 下野新聞

【宇都宮】清原地区北部の山林で不法投棄が相次いでいる問題で、地元の板戸町、ゆいの杜(もり)刈沼自治会は21日、投棄されている車などの確認作業をした。

不法投棄の車を確認 林道沿いに6台 宇都宮・清原地区|地域の話題|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)
【宇都宮】清原地区北部の山林で不法投棄が相次いでいる問題で、地元の板戸町、ゆいの杜(もり)刈沼自治会は21日、投棄されている車などの確認作業をした。 両自治会は昨年秋、県道宇都宮向田線(通称・宇都宮テクノ街道)と国道408号を結ぶ市道をふさいでいた建設廃材などを市に依頼し、撤去。その後も、周辺をパトロールしながらごみの...

伊賀・高尾地区に防犯カメラ 住民自治協議会、高齢者見守りで7カ所設置 – 中日新聞Web

伊賀市南部の山間部に位置する高尾地区の住民自治協議会が、地区人口の半数以上を占める高齢者の見守りのため、7カ所に防犯カメラを設置した。…

伊賀・高尾地区に防犯カメラ設置 高齢者見守りで住民自治会:中日新聞Web
伊賀市南部の山間部に位置する高尾地区の住民自治協議会が、地区人口の半数以上を占める高齢者の見守りのため、7カ所に防犯カメラを設置した。...

どちらと暮らす?「お父さん」即答した子どもの死 自治会長の後悔 – 朝日新聞デジタル

福岡県飯塚市と鹿児島市で幼い3児の遺体が見つかった事件。再発防止策を探っていた飯塚市の「3児童死亡事例検証委員会」が25日に示した検証報告書 …

どちらと暮らす?「お父さん」即答した子どもの死 自治会長の後悔:朝日新聞デジタル
 福岡県飯塚市と鹿児島市で幼い3児の遺体が見つかった事件。再発防止策を探っていた飯塚市の「3児童死亡事例検証委員会」が25日に示した検証報告書は、「二度とこのような事件を起こさない」との願いを込めてま…

地元の飲食店を応援!千葉大生が西千葉周辺のカフェ巡りマップを作成 – PR TIMES

配布先:千葉大学周辺の20の町内自治会(250以上の回覧板)、「みなさんの掲示板」(緑町小学校前)、学内掲示板、環境ISO学生員会のInstagramやTwitter

地元の飲食店を応援!千葉大生が西千葉周辺のカフェ巡りマップを作成
国立大学法人千葉大学のプレスリリース(2022年1月26日 14時00分)地元の飲食店を応援!千葉大生が西千葉周辺のカフェ巡りマップを作成

公民館へ 避難路つなぐ/一身田 地元土建会社が用水路に架け橋 – 中日新聞Web

一身田地区自治会連合会と同地区社会福祉協議会は、マエケンciに感謝状を贈った。橋の管理は連合会が担う。岡野会長は「住民の安心安全に役立つ」と感謝 …

公民館へ 避難路つなぐ/一身田 地元土建会社が用水路に架け橋:中日新聞Web
津市一身田町の土木建設会社「マエケンci(シーアイ)」が、町内の一身田公民館と一身田郵便局を隔てる用水路に、両施設を行き来できる小さな...

地元町内会、活用を要望 公共施設や開発拠点期待 小猿屋小跡地 – 上越タイムス 電子版

上越市の東小猿屋町内会(竹内秀彦町内会長)は昨年末、小猿屋小跡地の有効利用要望書を市へ提出。校舎や体育館など、施設の将来的な活用を求めている。

地元町内会、活用を要望 公共施設や開発拠点期待 小猿屋小跡地
地域の「元気」を刺激します。だから徹底的に、地域にこだわります。

御車山「無事に実施を」 3年ぶり開催 – 北日本新聞

自治会は曳(ひ)き方や囃子(はやし)方の世話などを担う。「やるべきことを粛々とやりたい」と語る。 同市のホテルニューオータニ高岡には、既に祭り時期の …

https://webun.jp/item/7822401

籠田公園と桜城橋を結ぶ「天下の道」。徳川家康生誕の地、愛知県岡崎市のまちなかに変化を呼ぶ

地域の自治会加入率は約9割と高く、地域の結びつきが強いエリアであるとともに、近年では転入者の7割近くが20代~30代の若い世代で構成される。

籠田公園と桜城橋を結ぶ「天下の道」。徳川家康生誕の地、愛知県岡崎市のまちなかに変化を呼ぶ
徳川家康が誕生した岡崎城をはじめ三河武士など「歴史のまち」として知られる岡崎市では、エリアの価値向上を目指し、まちなかの好循環をはかるプロジェクトを推進されている。まちなかに、“道であり、広場でもある空間”をコンセプトにした歩行空間が開通した。

水の力を利用した防潮堤フラップ陸こう作動見学 | 株式会社 三陸新報社

2回の見学会には住民ら300人が参加。石浜自治会の吾妻德克会長は「水が入ってこないことを確認でき、ひと安心。地域防災の強い味方だ」と …

http://sanrikushimpo.co.jp/2022/01/26/6336/
タイトルとURLをコピーしました