木のベンチで会話をと希望自治会などに無償で提供 夜久野の的場さん | ニュース – 両丹日日新聞

木のベンチで会話をと希望自治会などに無償で提供 夜久野の的場さん | ニュース – 両丹日日新聞

希望する自治会や公共施設などに無償で譲る。 過疎高齢化や時代の変遷で、自宅の縁側などに腰を掛けて会話をする光景が少なくなった。

両丹日日新聞:木のベンチで会話をと希望自治会などに無償で提供 夜久野の的場さん | ニュース
京都府福知山市の最新ニュースから明るい話題をピックアップ。釣り情報やイベント情報も充実した両丹日日新聞公式サイト

中国・上海で店舗営業順次再開も 自治会が外出制限 – au Webポータル

上海では現在1800万人以上が外出可能とされていますが、実際は多くの地域で自治会が外出制限を通知していて、店舗を営業再開してもどれだけの市民が利用できる …

指定されたページは存在しません|au Webポータル

千葉市 若い世代を呼び込んで団地活性化へ 新婚者の入居支援 – NHK.JP

住民の高齢化が進む団地に若い世代を呼び込んで活性化しようと、千葉市は30代までの新婚カップルが市内の団地に入居した際、住居費などとして最大…

千葉市 若い世代を呼び込んで団地活性化へ 新婚者の入居支援|NHK 首都圏のニュース
住民の高齢化が進む団地に若い世代を呼び込んで活性化しようと、千葉市は30代までの新婚カップルが市内の団地に入居した際、住居費などとして最大…

記者コラム「清流」 増えるわが家の雑紙 – 静岡新聞

苦戦の前半、1トップに注目 · 町内会・自治会の悩み 寄せられた意見【NEXT特捜隊】※音声コンテンツあり · 傷害の疑い 山口組国領屋一家幹部の容疑者逮捕、 …

記者コラム「清流」 増えるわが家の雑紙|あなたの静岡新聞
3年間の単身赴任を終え、浜松市の家族の元に帰ってきて1カ月余。仕事後に子どもたちの笑い声に包まれながら飲むビールは格別で、消費量はぐんぐん伸びる。当然ながら空き…

速報】通算5千例目を超える 福知山の17日の新型コロナ | ニュース – 両丹日日新聞

京都府は17日、新たに中丹西保健所管内(福知山市)在住の51人の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。 市内感染者としては4975例目~5025例目。

両丹日日新聞:【速報】通算5千例目を超える 福知山の17日の新型コロナ | ニュース
京都府福知山市の最新ニュースから明るい話題をピックアップ。釣り情報やイベント情報も充実した両丹日日新聞公式サイト

災害避難誘導に困る…「名無し交差点」の名前募集 福岡市の日赤通り – 西日本新聞

地元の玉川校区自主防災会が地域活性化を目的に愛着ある名称を募集している. … 自治会・町内会活動「理解できない」 婦人部、会費…会員たちの本音.

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/923977/

2022年5月17日付け紙面より|荘内日報ニュース

今年は、上は2自治会による第二区神宿組合(渡部英男委員長)が鷹町稲荷 … 赤川花火大会実行委員会(佐藤友昭大会会長)は16日、鶴岡市伊勢原町の公益社団 …

2022年5月17日付け紙面より|荘内日報ニュース−山形・庄内|荘内日報社
山形県庄内地方唯一の日刊紙として地域の話...

多世代交流を仕掛ける「西寺公園フェスティバル」 – NPO法人夢検定協会のプレスリリース

コロナ禍、研究所代表(西堀)は地域の繋がりを再構築すべく、同志社大学大学院に進学し、地域エンパワメント研究を実践。NPOや自治会がバラバラに動くよりも、協 …

多世代交流を仕掛ける「西寺公園フェスティバル」
NPO法人夢検定協会のプレスリリース(2022年5月17日 10時)。地域コミュニティ・ケア研究所(京都市南区吉祥院春日町19-53、代表:西堀正)は、地域のつながりを取り戻すため、多世代交流実行委員会を立ち上げた。この度、第一回目事業として、京都市と協働し、誰もが利用できる地域の公園(西寺公園)を活用し、多世代交流の...

自治会資源回収 – 野口かずゆき(ノグチカズユキ) | 選挙ドットコム

自治会活動費の補填と資源のリサイクル♻️を兼ねた「資源回収活動」を行っていますが… 新聞の.

自治会資源回収 - 野口かずゆき(ノグチカズユキ) | 選挙ドットコム
自治会活動費の補填と資源のリサイクル♻️を兼ねた「資源回収活動」を行っていますが… 新聞の

ウクライナ現状知って 本県避難リリアさん訴え 宮崎市 – デジタル夕刊 プレみや

ウクライナからの避難民を招いた交流会「ウクライナと宮崎の平和友好交流の集い」(実行委 … 2018年12月20日議員定数削減求め署名活動 串間市自治会連合会.

ウクライナ現状知って 本県避難リリアさん訴え 宮崎市
 ウクライナからの避難民を招いた交流会「ウクライナと宮崎の平和友好交流の集い」(実行委主催)が15日、宮崎市民プラザであった。娘を頼って本県に避難したメレニブスカ・リリアさん(66)が自身の体験を語り
タイトルとURLをコピーしました