沼津市自治会連合会 市に550万円寄付 熱海土石流 – 静岡新聞

沼津市自治会連合会 市に550万円寄付 熱海土石流 – 静岡新聞

沼津市自治会連合会(榊原昭雄会長)は16日、熱海市伊豆山の大規模土石流の義援金550万747円を同市に寄付した。浄財は、沼津市内28の地区連合自治 …

沼津市自治会連合会 市に550万円寄付 熱海土石流|あなたの静岡新聞
沼津市自治会連合会(榊原昭雄会長)は16日、熱海市伊豆山の大規模土石流の義援金550万747円を同市に寄付した。浄財は、沼津市内28の地区連合自治会を通じて住民…

ビーチで無許可営業 食品衛生法違反で男女2人を逮捕 – Yahoo!ニュース

地元の自治会には去年の夏から住民からゴミ問題や騒音被害などの相談が多く寄せられていました。 津波古自治会・高江洲順達区長「出したゴミっていうのは …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

【先行】水害への意識高めよう 日田市花月川流域の児童にボウサイ学習帳 – 大分合同新聞

7自治会は財津町、丸山1丁目、清水町、上手町、玉川3丁目、坂井町、豆田1丁目。12年の県豪雨と17年の福岡・大分豪雨では護岸や堤防決壊、内水氾濫などで …

Object moved

大雨被害で住宅浸水や道路陥没 宮崎市で 5世帯 6人が孤立 宮崎県 – UMKテレビ宮崎

内海地区自治会連合会 川越満信 副会長) 「雨が降りすぎて水かさが急に増した。いままで、このような状態になったのは初めてです。」

ニュース記事の掲載期間が終了しました
お探しのニュース記事は掲載期間が終了しました。 お客様がお探しのニュース記事は、掲載期間が終了しました。 宮崎ニュースUMKのニュース記事の掲載期間は1週間となっております。 最新のニュース記事は下記...

未使用ため池「廃止」進む 佐賀県内 決壊不安、堤防を開削 – Yahoo!ニュース

小川一区自治会と同組合は19年6月、市に改修を要望した。 池の堤防をV字に開いて水を近くの今村川に流す工事は、20年4月に始まり、今年8月に完了した。

未使用ため池「廃止」進む 佐賀県内 決壊不安、堤防を開削(佐賀新聞) - Yahoo!ニュース
 記録的な大雨が近年頻発する中、使われなくなった農業用ため池を「廃止」する動きが広がっている。昔からある池周辺で宅地開発が進み、高齢化で管理が行き届かないなど、地域によって事情はさまざま。佐賀市や鳥

静岡県内でも進む学校統合 地域の理解を得るために必要なこと – Yahoo!ニュース

… 地区の学校統合は地元自治会が主体となって10年ほど前から動き出しました。 … 子どもの事情を考える会 大石悠代表>「校舎が間に合いません、仮校舎で …

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

ぶらぶら節:徒歩圏内に避難所を /長崎 | 毎日新聞

隣町の防災マップを見ると、ホテルを自治会指定の避難所としていた。避難所は、市民が徒歩で避難できる場所に設けるべきだろう。【杉山恵一】. 〔長崎版〕.

ぶらぶら節:徒歩圏内に避難所を /長崎 | 毎日新聞
 8月の豪雨の際、河川の水位情報を注視し続けた。住居を兼ねた仕事場が諫早市の本明川沿いにあるが、今年は避難所の場所が変わり、万が一の際は約2キロ先まで移動する必要があるためだ。

都市マス 中原区構想で新方針 策定14年、環境変化受け – タウンニュース

今回の改定にあたっては、町内会や自治会などの会員らによる委員会の設置をはじめ、市民33人によるワークショップ、50件近く寄せられた市民意見などが参考に …

都市マス 中原区構想で新方針 策定14年、環境変化受け | 中原区 | タウンニュース
将来の都市像の実現に向け、市民意見を反映しまちづくりの方向性を示す川崎市都市計画マスタープランの「中原区構想」が、8月31日付で改定された。2007年に策定されてから1...

藤沢市打戻古里団地 出張販売で高齢者支援 地域課題解決のモデルに – タウンニュース

そこで出張販売を発案したのが、古里住宅自治会高齢者対策担当の池上弓子さん(69)。自身も団地に一人で暮らしており「住民同士で見守り支え合って、交流を …

藤沢市打戻古里団地 出張販売で高齢者支援 地域課題解決のモデルに | 藤沢 | タウンニュース
高齢者を中心とした食料品等の日常の買い物が困難な「買い物難民」を支援するため、打戻の古里団地では昨年から、地元農家やコンビニ、福祉団体らを巻き込み、出張移動販売を行...

増える届け先 コロナ禍で親の苦境を実感 食堂を離れてもケア ほのぼのカフェ – 沖縄タイムス

那覇市曙1丁目自治会事務所内で活動する子ども食堂「ほのぼのカフェ」。11日、代表の玉寄文代さん(67)が、民生委員や地域ボランティアらと午前中から …

子ども食堂が作る弁当、増える届け先 コロナ禍で親の苦境を実感 食堂を離れてもケア ほのぼのカフェ | ひろがる明日SDGs | 沖縄タイムス+プラス
 テーブルの上にずらりと並んだ弁当箱に、手際よく料理を詰めていく。那覇市曙1丁目自治会事務所内で活動する子ども食堂「ほのぼのカフェ」。11日、代表の玉寄文代さん(67)が、民生委員や地域ボランティアらと午前中から準備に取り掛かり、午後1時までに約50人分を用意した。
タイトルとURLをコピーしました